Sevilla. Plaza de Espana

 

セビージャ

 

アンダルシアの首都

電車で:

セビージャのサンタ・フスタ駅(年間利用者1300万人)は、マドリードのアトーチャ駅、バルセロナのサンツ駅に次いでスペインで3番目に利用客の多い駅となっています。

高速鉄道ならマドリード(534㎞)まで2時間20分、コルドバ(138㎞)まで40分、マラガ(205㎞)まで1時間50分で行けます。

車で:

セビージャはアンダルシア各地との連絡が良いだけでなく、安全かつ快適にセビージャまでたどり着ける有料道路や無料自動車専用道路のネットワークによってスペイン北部とも完璧に繋がっています。特にヒホンからセビージャまでイベリア半島西部を繋ぐ「銀の道」自動車道 A-66 の全線開通は画期的です。

空路で:

セビージャは市内中心地からわずか10㎞のところに国際空港があり、ヨーロッパのほとんどの国々と繋がっています。マドリード、バルセロナ、リスボン、パリ、ロンドン、フランクフルトなどからそれぞれの国の主要航空会社が運行しているので、一回の乗り換えでほぼ世界中と繋がっていると言えます。

Barco

船で:

セビージャ港はスペインで唯一の内陸部に位置する商業港です。セビージャ港は完璧にリノベーションされたインフラのおかげで、クルーズ船が規則的に立ち寄る寄港地のひとつとなりました。かつてデリシアス港の貨物用埠頭だったエリアが今では複合娯楽施設として完全に生まれ変わり、この街を代表する緑地帯であり、黄金の塔や1929年万博パビリオン跡地に造られた博物館など歴史を反映する様々なモニュメントが存在するマリア・ルイサ公園の一部を構成しています。